グリーフケのお話

ワラビー動物病院グループの「待合室診療」でおなじみ、
マレーシア在住・阿部美奈子先生が綴るコラムです

~動物医療グリーフケアの視点から「動物のストレスケア」についてお伝えします~

世界中にたった一頭の動物と世界中にたった一人の人が出会い、ペットライフが始まります。
出会う前と後では確実に笑顔が人の暮らしに増えています。

この笑顔は人にとっての大きな癒しとなり、大きなエネルギー源をもらいます。
医療の進歩とともに多くの病気の早期発見、完治させることも可能になり
幸せを生む一方で回復の難しい容体や高齢化による慢性的な内臓疾患など
将来「お別れを避けられない状態」では苦悩の時間も増えています。

自分にとってとても重要なことを失うかもしれないと想像したり、
失ってしまったときに現れるごく自然な心と体の反応が「グリーフ」です。
ペットとの当たり前だった平和な日常が脅かされたとき、誰もがグリーフを体験します。

グリーフは決して人だけではなくペットにも発生しているのです。
大好きな人の笑顔を失った世界は彼らにとって最大のグリーフとなり、ストレスを抱えるでしょう。

飼い主様がグリーフケアにより愛すべき〇〇ちゃんのそばで今までの笑顔を取り戻せたならば、
それこそがペットのグリーフケアとなのです。

ペットが「人と出会って本当に良かった」という安らかな思いで寿命を全うできますよう
動物医療グリーフケアの輪を広げていきたいと思っています。

ホームがペットと人にとっての安全基地でありますように。

阿部美奈子先生プロフィール
マレーシア在住。1988年麻布大学修士課程修了、麻布大学家畜病院(現 麻布大学附属動物病院)研修医を経て、一般動物病院臨床獣医師として勤務。27才で結婚、専業主婦に。その後、3子の出産の間にパート勤務獣医師として働きながら、グリーフカウンセリング、認知行動学について学ぶ。2005年に復職した後、新分野「動物医療グリーフケア」を構築すると同時に待合室診療をスタート。2011年からマレーシア在住。マレーシアと日本を行き来しながら動物と人の安全環境を目指し、待合室診療、院内セミナー、飼い主様向けセミナー、各種講演活動、個別カウンセリング、執筆活動を展開中。
獣医師 阿部美奈子ホームページ http://grief-care.net/index.html