2013.1/9 JBVPレクチャーシリーズ
石田先生 腎臓疾患の検査Ⅰ

都内、飯田橋にて行われております夜間セミナーに参加してまいりました。
今回のご講演内容は、石田先生による「腎臓疾患」についてです。

動物さんたちの高齢化が進む昨今、体調不良で来院される子の中に、
腎臓疾患が見つかることも、少なくありません。

そこで、今回学ばせていただいた「腎臓疾患の検出」のノウハウを活かし、
できるだけ早期に、皆様の子の腎臓疾患を見つけてあげたい、
改めて、そう心に思っております。
(川口)
2012.10/10 JBVPレクチャーシリーズ 
中嶋先生 消化器学 嘔吐とその治療薬について

JBVPレクチャーシリーズに、はとがやスタッフと参加してまいりました。

嘔吐、とは食べたものを吐いてしまう症状のことです。
嘔吐には様々な原因があります。
一時的な体調不良から、重い病気の初期症状まで、多くの原因について
どのようにアプローチし、治療すべきかを学んでまいりました。
明日以降の診療に、役立ててまいります。
(川口)

2012.9/28-30 日本臨床獣医学フォーラム年次大会

ワラビー動物病院、はとがや動物病院のスタッフで、
フォーラム年次大会に参加して参りました。

この学会は、東日本で一番大きい学術大会といっても過言ではありません。
様々な学術的な講演、報告を勉強することのできる、
獣医師にとってまさに「夢のような」素晴らしい学術大会です。

今回の学術大会にて学んでまいりましたことを、
日々の診察、飼い主様へのインフォームへと役立てていけるように、
切磋していきたいと考えております。

(川口)


犬の跛行診断 カリフォルニア大学 林慶先生

犬の跛行に関するセミナーに参加してまいりました。
跛行とは、足を痛めて自由に歩けない、引きずることを言います。
様々な原因で起こるこの疾患に対して、より精密な診断が行えるように、
今回の講演で学んだ内容を活かしてまいります。(矢作)

院内セミナー 皮膚疾患の療法食(共立製薬様)
共立製薬の療法食について、院内セミナーにてご講演いただき、
ワラビー動物病院はとがや動物病院の獣医師、看護士みなで勉強会をさせていただきました。
新製品アミノペプチドフォーミュラは、食事アレルギーによる皮膚炎にとてもよいお食事であることを、
実際のデータをもとにご講義いただきました。

今回ご講演いただいた内容をもとに、
皮膚でお困りの飼い主様に、よりよいデイケアをご提供できるよう
スタッフ一同努めて参ります。
(川口)

皮膚科勉強会(村山先生)
ASC村山先生をお招きし、院内セミナー 皮膚科勉強会を実施いたしました。
マラセチア皮膚炎、シャンプー療法についてご講演いただきました。
皮膚疾患をお持ちのわんちゃんたちに、よりよい治療をご提供できるよう、
ご教授いただいた内容を活かしていきたいと思います。(川口)

腫瘍症例検討会(小林哲也先生)
埼玉動物医療センターでの症例検討会に参加させていただきました。
急性リンパ球性白血病症例を中心に、よりよい治療方針について学ばせて頂きました。
はとがや動物病院 川口

画像読影による症例検討会(織間先生)
埼玉動物医療センターでの学術勉強会に参加させていただきました。
日々の診療における、画像診断に役立てていきたいと考えております。
はとがや動物病院 川口
2012.7/7-8 第7回日本獣医がん学会
麻布大学にて開催された日本獣医がん学会に参加させていただきました。
シンポジウムで特集された肥満細胞腫についての知見を含め、
日々の腫瘍診療において役立てていきたいと考えております。
はとがや動物病院 川口 末本

学術研究BLOG

| コメント(0) | トラックバック(0)

ワラビーグループの「学術研究BLOG」をスタートいたします。

日々、私たちが学んでいることを随時更新してまいります。

しっぽのある家族たちのために、「心配を話せる安心」を実現できるように、精進してまいりますので、よろしくお願いしますm(_ _)m