Home > 猫のそけいヘルニア

猫のそけいヘルニア

  • Posted by: doubutsuendouri stuff
  • 2011年4月25日 18:35

RIMG0182.JPG


これは、猫ちゃんのお股の写真です。左後ろ足のお腹側のつけねが膨らんでいます。

レントゲンと超音波検査で中に膀胱が入り込んでいる事がわかりました。鼠径(そけい)ヘルニアです。お股の部分を鼠径(そけい)部といいますが、そこからお腹の中のものが皮膚の下にとびだすことを鼠径(そけい)ヘルニアといいます。人間でもお子さんが小さい頃に脱腸をおこす事が多いようですがその場所と同じです。鼠径輪というもともとある隙間が先天的もしくは外傷で大きく広がることがそもそもの原因です。ヘルニアというと椎間板ヘルニアのイメージが強いですが本来の場所から他へとびだすという意味があり、おへそなら臍ヘルニア、腰なら椎間板ヘルニア、陰嚢なら陰嚢ヘルニア、お股なら鼠径(そけい)ヘルニアといいます。


下のContinue readingをクリックすると手術中の写真がでますので苦手な方はご注意ください。大丈夫な方はおすすみ下さい。


皮膚を切開すると、やはりぱんぱんに尿のたまった膀胱が出てきました。これではおしっこが出せません。

RIMG0185.JPG

避妊手術も同時に行ったので、おしっこを抜いた膀胱と一緒にとびだしていた脂肪を避妊手術のあけた場所から出しているところです。


RIMG0187.JPG

鼠径部を縫いました

RIMG0188.JPG

手術後、尿も順調にでており元気に退院していってくれました。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://warabee.jp/mt/mt-tb.cgi/20
Listed below are links to weblogs that reference
猫のそけいヘルニア from どうぶつ園通りの動物病院 院長ブログ

Home > 猫のそけいヘルニア

Search
Feeds

Return to page top